新米ハハの徒然日記

写真、一コマ絵日記メインで日々のたわいもない話をつらつらと書いてます。
かわいい雑貨、日々の料理、そして大好きな家族の話題が大半です

心配⇒安心⇒心配⇒安心 母親という職業の仕事は「心配すること」

昨日は赤子の10ヶ月健診でした。
こんなブログをやっていたら地味にイベントなんですが。
・・・書いてた日記を夫が消しました(怒)
文を書きなおす気力は無いので挿絵のひとコマだけ流用です。。とほほ(泣)
全国の奥様。
どうして夫は「妻の都合」や「状況」に一声かけて下さらないのでしょうか。
まぁそれができたら世の中の夫婦喧嘩は撲滅してますね。


赤子は大きくなっていて安心!
離乳食をあんまり食べない…なんて心配してましたが、なんのなんの。
私が量を用意しすぎていました★


…ごめん、赤子!多かったんやね(土下座)


でも本当。ギャグじゃなく。
赤子は身長も体重も小さいから私は不安などもありました。
産まれたての頃は完母でいいのか悩んだほどです。
成長曲線の下方だということで市の保健師さんにミルクを足すよう言われたり。
(他の人にそれはおかしいといってもらって気が楽になりました)
離乳食が始まるまでは自分と赤子を信じながらもどこか不安でした。
だからつい食べさせようとしてしまうんです。


助産師さんが言ってたことを思い出しました。
「日本は肥満児が褒められるおかしな国」
小柄な赤子を心配したりコンプレックスにしていた私におっしゃって下さいました。
そうなんですよね。
赤子の食を心配するあまり肥満児にさせないように気をつけなきゃなぁ。
夫とも小児性糖尿病だけには気をつけようと話していましたし。



ただ、赤子は発達が早いです。それは小柄だからだと思うのです。
そして周囲を見てみると…


私がうらやましいと思っていた体重が大きい赤ちゃんのお母さんは
「うちのコは動かない」とおっしゃっています。


赤子は伝い歩きならどこにでも行ってしまいますが、
その大きな赤ちゃんは、ようやっとお座りができるようになったとのこと。
もちろん発育はそれぞれなので「うちのコはすごいわw」とかそんなこと言いません。
そんなんじゃなくって。


心配⇒安心⇒心配⇒安心 とループしてるんだなぁということ。


心配と安心はじゅんぐりなんですね。
小さい赤子を持つハハはそれなりの悩み。
大きい赤ちゃんを持つハハはそれなりの悩みをもっています。
私は普段、母親という職業の仕事は「心配すること」だと思って過ごしておりますが。
悩んでいるのは私だけじゃないんだな と少し気楽になることにしました。





あ、結局書き直しでちゃんと書いちゃった。


それではあとは昨日の赤子のひとコマです。



ハハじゃなくてもよい


少なくとも3人の女性の乳をもんでおりました。
赤ん坊っていいですね。「あら~w」なんて許される。
こんなこと夫がしたら即警察です。







ご訪問ありがとうございました!




にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ
にほんブログ村




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。